産後は脂肪を蓄えやすいってホント?

ホントです。

産後は太りやすく、「産後太り」などという言葉もあるほどです。では、なぜ産後は太りやすくなってしまうのでしょうか?

産後は脂肪を蓄えやすいってホント?

骨盤が開いたことで太る

出産の際、赤ちゃんを産むために、骨盤が開きます。開いてしまった骨盤がきちんと戻れば良いのですが、骨盤が開いたままになってしまうと、内臓が本来の場所よりも下がってしまい、内臓の働きが落ちて、妊娠前よりも代謝が落ちてしまうのです。

icon-arrow-right 代謝が落ちることで、脂肪を蓄えやすい体になってしまいます。

母乳をあげているからと言って、食べてしまう

母乳は血液から作られるので、エネルギー切れをすぐに起こして、お腹が空くと思われています。ところが、この母乳には頑張ってエネルギーを消費しないと分泌できない人と、自然にジャージャーと出るタイプの人がいるようです。

icon-hand-o-up 前者の人はいくら食べても食べた分だけ母乳になるので太りにくく、反対に、母乳がたくさん出るタイプの人は、母乳をあげていても痩せないと言われています。

母乳をあげているからと好きなだけ食べていると、太るタイプの方は、要注意です。お菓子などをついついつまんでしまうのもNGです。

運動不足になりやすい

赤ちゃんは、生後数か月間はあまり外出しないで、家にいることが基本となります。そうなると、お母さんももちろん外出できません。自宅でできるストレッチなどを取り入れ、運動を行うようにすると良いでしょう。

ストレスがたまることによるドカ食い

産後はホルモンバランスが崩れ、さらに、慣れない子育てでストレスが溜まります。これらが原因で自律神経のバランスが崩れ、満腹になることでストレスを解消しようとします。これらがドカ食いの原因になります。

icon-hand-o-up 赤ちゃんと一緒に散歩したり、旦那さんや周りの人に積極的に子育てを助けてもらったりして、体を休め、上手にストレスを解消しましょう。

なかなか運動ができない産後は、溜めこんでしまった脂肪を解消するために、置き換えダイエットを行うことをお勧めします。

このページの先頭へ